Trouble顔のたるみの悩みについて

顔のいろいろなパーツが、同時に徐々に老化します。

顔のタルミは年齢と共に徐々に気になり始めます。どの方も最初からひどいタルミがあるわけではありません。
例えばほうれい線周囲に注目してみますと、20代後半から30代ごろから、ほうれい線にシワが入るようになります。
ファンデーションが割れたりしてきます。フェイスラインはまだ大きくたるんではいませんが、以前ほどシャープな感じではなくなり、マリオネットラインにすこし影ができるようになり始めます。
40代から50代になると、法令線はしわにとどまらず、くぼみとなっていまいます。マリオネットラインにもくぼみが現れ、フェイスラインは下がります。

顔のいろいろなパーツが、同時に徐々に老化します。

「なんとなくたるんできた気がする。」と感じるのは、顔のパーツのどこか1箇所が下がったりしてそのように感じるわけではありません。
実は様々なパーツが、同時に少しずつ変化しているのです。
従って、例えば単純にヒアルロン酸を法令線に注入して終わり、のようにどこか1か所を治療すれば、それで顔全体が若々しく見える、というわけではありません。

顔のパーツ毎に治療する。
パーツアンチエイジングからトータルアンチエイジングへ

例えば法令線にヒアルロン酸を注入すれば、それだけで若々しく見えるというわけではありません。
その部分(パーツ)は若くなりましたが、その周囲にゴルゴが線あったり、マリオネットラインがでていたり、フェイスラインが下がっていたりすると若々しく見えません。複数ある問題を一つずつ解決することが若々しく見えるポイントです。
よくあるタルミポイントと原因をまとめました。

顔のパーツ毎に治療する。パーツアンチエイジングからトータルアンチエイジングへ
  • 額・こめかみ(こめかみのくぼみ):脂肪委縮(皮下脂肪がしぼんでしまうことです)
  • 上まぶた(皮膚のかぶり):皮膚さがり
  • 下まぶた(クマ、皮膚のたるみ):皮膚さがり、脂肪委縮
  • 頬骨下(こけた輪郭):脂肪委縮
  • ゴルゴ線(頬のくぼみ):脂肪委縮
  • 法令線:頬皮膚のさがり、脂肪委縮
  • マリオネットライン:頬皮膚のさがり、脂肪委縮
  • フェイスライン:頬の脂肪の下垂、皮膚の下がり
  • アゴ裏:脂肪下垂、皮膚のさがり

年齢を感じさせる主なポイントですが、多くの原因が皮膚のさがりと脂肪委縮であることがわかります。
脂肪が下垂してしまったり、皮膚自体の委縮、靭帯のゆるみ、骨格等ほかにも細かくあげればきりがありませんが、治療に直結する原因として、皮膚の下がりと脂肪の委縮を解決することで、アンチエイジング効果を最大限に発揮するポイントです。

これらの悩みを根本的に解決する方法は、リフトアップ術とボリュームアップ術を組み合わせる治療です。 皮膚の下がりはリフトアップ術で解決し、脂肪の委縮で減ってしまった脂肪は脂肪注入で補ってボリュームアップする。
原因に直結する治療をそれぞれのパーツに行ってあげることが重要です。