Faceliftフェイスリフト

当院フェイスリフトの特徴

顔の皮膚のしわ・たるみの治療で、最も効果が高く、効果が持続するものは『フェイスリフト』です。たるみに対するリフトアップ治療ではフェイスリフトを最もお勧めします。
法令線、マリオネットライン、フェイスラインや首のタルミを1度の手術で引き上げることができます。
フェイスリフトは切るリフトです。折角皮膚を切ってまでしてタルミを改善するので、ただ皮膚を切るだけではもったいない。できるだけ引き上げて、できるだけ効果が持続するように、当院では以下の処理を行っています。

1. 皮膚の切除、リフトアップ

タルミの原因の大きな一つであるたるんだ皮膚。フェイスリフトではこの皮膚をしっかり取り除いてしまうことができるので、タルミ改善の医療機器や糸では得られない高い効果が得られます。皮膚はどのくらいとったらよいのでしょうか?
簡単にできるセルフチェックがあります。

<簡単セルフチェック!どのくらい皮膚がたるんであまっているのか?>
どのくらい皮膚がたるんであまっているのか、即ちどのくらい皮膚を切除するのか、と言うことは簡単にセルフチェックできます。
耳の前に手をあてて、このくらいリフトアップできたらなあ、と皮膚を押し上げてみてください。
指の上に乗っかった皮膚が、たるんであまっている皮膚です。
リフトアップ術によって、およそこの分を切除してスッキリさせることができます。

簡単セルフチェック

2. SMASの切除、リフトアップ

SMASとは、皮膚の下にある脂肪と筋膜組織が一塊となった組織です。当院のフェイスリフトでは、皮膚を切除するだけでなく、その下の土台となっているSMASも引き上げて、余分にあまっている部分を切除します。
SMASも引き上げ、皮膚も引き上げる、2層の引き上げを行います。

SMASの切除

3. 持続力を高める「リガメント」

フェイスリフトの種類の中で、リガメント(靭帯)を利用したフェイスリフトが効果的です。
従来のSMASを利用した方法と比較して、効果の持続期間も更に長くなりました。

顔の皮膚はリガメント(靭帯)という強い線維組織で骨膜(骨を覆う固い膜)に固定されている部分が存在します。
リガメントで固定されている部分は皮膚がたるみにくいのですが、
固定されていない部分は、皮膚がたるみやすくなっています。
リガメントと皮膚を一旦はずし、しっかりリフトアップしたところで再固定することで、
リフトアップした状態で皮膚は強固に固定されることになり、効果が高まります。

リガメント
リガメントを切断
<リガメントで固定されている皮膚の部分はくぼむ>
老化により皮膚がたるむと、リガメントで固定されている部分はくぼんでしまいます。
リガメントで固定されていない部分は垂れて下がってしまいます。同時に皮下にある脂肪組織も垂れてしまいます。
皮膚と筋膜(SMAS)をリフトアップ
<リガメントと皮膚を外してリフトアップ効果を高める>
皮膚やSMAS(皮膚の下の脂肪と筋膜の層)のみを引っ張っても、リガメントで固定されている部分より先へは力が伝わりにくい状態になっています。皮膚とリガメントを切り離すことで、より皮膚を引き上げられるようになり、リフトアップ効果が高まります。
リガメントを利用して、広範囲をリフトアップし、皮膚と筋膜(SMAS)を固定する。
<リガメントに再利用して後戻りを防ぐ>
皮膚やSMASは柔らかい組織なので、後戻りしやすい組織です。
しかし、リガメントは非常に硬い組織なので、リフトアップした際の固定に再利用することで後戻りを防ぎ、効果を長持ちさせます。

<傷の治りも綺麗になる>
皮膚のみを切除するリフトでは、縫い合わせた皮膚に強力な緊張がかかるため傷跡が残ってしまいます。リガメントを利用することで創部にかかる緊張が緩和され傷跡も綺麗になり、耳の変形もおこりにくくなります。

手術は、髪の生え際や耳の周り等の傷が目立たないところを切開し、緩んだ皮膚や筋肉組織を一緒に引っ張り上げて固定。このとき、皮膚の土台となっている筋肉や筋膜まで引き上げるので、しわやたるみが戻らないのが特徴です。
最後に、余った皮膚を切除して縫い合わせれば、10年以上前の若々しい顔が完成します。

術前・術後の過ごし方

手術前

毎日飲む薬のある患者様(特に糖尿病のお薬や血液サラサラのお薬)は必ず申し出てください。
健康に注意し、不規則な生活はおやめください。

当日

時計、指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット等のアクセサリー類は外してください。

手術後

・洗顔/クレンジング 当日から可
・メイク 翌日から可
・シャワー 当日から可
・入浴 1週間後から可
・アルコール 1週間後から可
・スポーツ 1週間後から可
・タバコ 2週間後から可
・飲み薬 すべて飲みきりましょう。鎮痛剤は抗炎症作用もあるので腫れが早く引きます。

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。