Effect脂肪注入とリフトアップ術の組み合わせによる効果

下がった皮膚にはリフトアップ&法令線はボリュームアップ
ダブルアップでフェイスラインのタルミを解消します。

フェイスラインと口周りのタルミは、リフトアップ術とボリュームアップ術の組み合わせ治療をお勧めします。

フェイスラインと口周りのたるみ(法令線やマリオネットライン等)をスッキリさせるにはリフトアップ術とボリュームアップ術を組み合わせる方法が最も効果的です。その中でも、リフトアップ術は切るリフトアップ、ボリュームアップ術は脂肪注入の組み合わせが一番効果が長持ちするので根本的な治療方法と言えます。

リフトアップ治療には高周波等の医療機器、溶ける糸、切るフェイスリフト等があります。それぞれメリット・デメリットがありますが、最もお薦めする治療は切るフェイスリフトです。その理由は最も効果が高く、効果の持続も長いからです。シワ・タルミの根本原因の一つは、皮膚が伸びて余ってしまい、重力に負けて下がってしまうからです。

その余った皮膚をシンプルに取り除く。これが一番効果的な方法で、長持ちする方法です。

ボリュームアップ治療にはヒアルロン酸注入や成長因子注入、脂肪注入などがあります。
最もお薦めするものは、やはり効果が最も長持ちする脂肪注入です。自分の脂肪の余分なところ少しだけ吸引し、くぼんだ法令線などに注入して平らにします。余分なところから必要なところに脂肪を移動させる、いわば脂肪のお引越しです。一石二鳥の再利用です。この注入された脂肪は注入後、徐々に減っていきますが、一部は安定して顔に残り、その分はボリュームを保ちます。

このリフトアップ術とボリュームアップ術を組み合わせる治療では相乗効果を生み出すことができます。

例えば、加齢と共に頬の脂肪が下がってきたり、アゴ裏の脂肪が増えてきて二重あごになったり、法令線も目立ってきます。このような場合、アゴ裏から少しだけ脂肪を吸引して採取します。そしてリフトアップをすると同時にその脂肪を法令線に注入します。
ただリフトアップするだけの治療や、ただ脂肪を注入するだけの治療よりも効果が高まります。

リフトアップ

どういう悩みの人に向いている治療なのでしょうか。

  • フェイスラインがたるんできた方
  • 鏡を見ながら「こうなったらいいのになあ」といつも皮膚を引っ張り上げる方
  • 高周波や超音波などの医療機器で満足いかない方
  • 糸でリフトアップをしたが再びタルミが気になってきた方
  • ヒアルロン酸の注射だけでは法令線のくぼみが改善しない方
  • マリオネットライン(口角付近のくぼみ)が気になる方
  • できるだけ効果を長持ちさせたい方

どのくらい効果があるのでしょうか。(効果の継続期間、満足していただけるポイント)

リフトアップの効果

切るリフトアップは、効果の継続期間が糸より圧倒的に長い点が良い点です。それでもさすがに一生は持ちません。
3年から5年、長いと10年という報告例があります。手術の方法にもよりますが、再び皮膚が伸びて下がって同じ程度までたるんでしまうには年単位の時間が必要ですので、満足して頂ける期間も長いと言えます。リフトアップしたことすら忘れてしまうでしょう。

ボリュームアップの効果

脂肪注入による効果の継続期間は、ダイエットや病気をしない限り、ほぼ一生継続します。注入後に安定した脂肪はほぼその状態を維持しますし、変化をするにしても非常にゆっくりとした経過になるので長期にわたる効果を期待できます。ヒアルロン酸等のように定期的に注入する必要がなく、良いコンディションが継続するので、満足して頂ける期間も長くなります。

脂肪注入とリフトアップ術の組み合わせによる効果

何故組み合わせ治療が効果的なのでしょうか

フェイスラインのタルミにはいくつかの原因がありますが、大きく影響しているものとして以下のものがあげられます。

①皮膚の下がり:老化と共に顔の皮膚が下がってくるために、フェイスラインがたるんできます。
②靭帯の下がり:骨(骨膜)と皮膚をつないで支えている靭帯が、老化による緩み下がってくるので皮膚がさがってきます。
③脂肪の下がり:皮膚の奥にある皮下脂肪も下がってくるのでタルミの原因となります。
④脂肪の委縮:目の下のクマ部分や法令線、口角付近等、皮下脂肪が老化に委縮してくるため、くぼみが強くなってしまいます。

①~③の下がったものはリフトアップにより治療が可能です。④はしぼんだものを膨らませる必要があるので、注入治療が有効になります。
大切なことは、1つ1つの問題に対して治療を行うことが重要です。例えば、①皮膚の下がりを糸でリフトアップしても、④脂肪の委縮が改善されるわけではありません。逆に④脂肪の委縮を治療したら自動的にリフトアップされてしまうわけではありません。

下がったものはリフトアップする、しぼんだものはボリュームアップする、そのようにしてそれぞれの問題を解決することが、治療効果が最大限に引き出されるポイントとなります。

治療方法のこだわりについて

リフトアップ治療で最もお薦めするものは、効果が高く、長持ちする切るフェイスリフトです。
「え!切るのって大変じゃないですか?!腫れとか傷跡とか。」
とよく言われます。ダウンタイム(術後の腫れや内出血等)と傷跡を多くの方が心配されますが、傷跡を可能な限り最小限に抑えられるよう、充分に配慮した治療をご提案しております。
患者様から「想像していたより腫れなかった。」「傷も思ったより気にならない。」とのお声を頂いております。この2点をクリアできれば、余分な皮膚を取る、という本来の原因を解決するシンプルな治療がリフトアップに効果的な結果を出しております。
ボリュームアップ治療で最も効果的な脂肪注入では、脂肪吸引部分・脂肪注入部分が自然な仕上がりになることにこだわっています。
脂肪注入は、①脂肪吸引②脂肪処理③脂肪注入の3工程を行います。このどの工程も重要です。
脂肪吸引では、吸引部が自然で滑らかな仕上がりになるように手技や手術器具が重要です。脂肪処理過程では、しっかりと脂肪組織のみを分離する必要があります。最も重要なことは脂肪注入の手技です。
いかなる医療機器を用いても、最後の脂肪注入の方法が適切でないと質の高い脂肪注入の効果が得られません。どの工程でも丁寧な治療を行い、より自然で若々しいボリュームアップがでるようにこだわっております。